~あなたのココロの花を咲かせましょう~
JMFAナチュラル美生活協会認定 心理フラワーカウンセラーマスター講座 認定校
心の花むすび~Konoha*musubi
~自分を癒すセルフマネジメントを取り入れ自立した心の持ち方、在り方を身につける実践型講師育成機関認定校~     
check1
~こんなお悩みありませんか~
✓フラワーエッセンスや心理学に興味がある

✓開業したいけど、この先が不安で迷っている

✓自分をもっと開放して、内面から心を磨きたい

✓自分の可能性を広げて社会に大きく貢献したい

✓癒しのカウンセラーになりたい

✓興味はあるけど自分のペースで学びたい

✓講師業に興味がある
check2

~何ができるの?~

花心理カード、フラワーエッセンス、アートセラピー、恋愛心理、心理学の5つの要素を取り入れた、協会独自の手法で自身のスキルアップとともに、フォローアップも充実。

福祉の分野、癒しのカウンセラーを目指し、幅広く活躍していきたい方へ

                *✧~一緒に大きな夢を叶えましょう~✧*

check3

~卒業生の進路~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

*自宅で独立開業 

*カルチャースクール講師 

*企業内カウンセラー 

*スクールカウンセラー 

*市区町村の相談員 

*癒し企業への就職など

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

check4

~充実のサポート体制~

*******************************

 

♪卒業後の独立支援・副業時ステムの充実 

*名刺・パンフレット作成をプロのデザイナーが低価格でサポート!

*新聞折り込み広告・ポスティングサービスによる集客フォロー 

 

♪広告PR専門の指導スタッフによる個別フォロー体制有り(ネット展開、集客の仕方などなど) 

 

♪卒業生対象の無料セミナー、イベント・パーティーなどに参加 

 

♪JMFA登録講師として異業種とのコラボイベントへの参加など

 

******************************

心の花むすび  Konoha*musubi  主宰

◇資格◇  JAAアロマコーディネーター、潜在意識アロマ®、JMFA心理フラワーカウンセラー、フラワーエッセンスセラピスト、TCカラ-セラピスト、ビジョンスパイラルセラピスト

~プロフィールを紹介します^^~

私は千葉県生まれの 父、母、弟の4人家族。

小さい頃は大人しくてマイペース。

人や小動物、風にゆれる草木など、1時間以上その場を

動かず眺めている ちょっと変わった不思議な子でした

それぞれとても愛情深い両親の元で育ちました

又、物心つく前から、長崎生まれの祖父の影響もあり

毎週のように足を運んだ教会は、私にとって特別な場所

でした。

中学生になり、ある時 ふと

❝私は今、何のためにここに居るのだろう…❞と

思うようなり、その想いは月日を重ねる毎に強くなって

いきました

 

高校2年生になって進路を決めている最中、

母の知り合いをきっかけにアロマ、フラワーエッセンス、

カラーセラピーに出会いました

目に見えない やさしく 力強い 不思議なエネルギーに

心も体も一瞬にして 癒しに包まれました

 

カラーセラピーは100種類以上ある 色彩やかな

ボトルは、目の前に立つだけで 吸い込まれてしまう

ほど 光輝いていました

❝私自身を映し出す鏡❞として選んだボトルは、

パステルカラーで統一された色ばかり。

直観で選ぶため、好きな色とは異なるが、それぞれ

とてもきれいでした

カウンセラーさんの言葉はすべて納得。

すごい! と感動していると

「以前、悲しいことがありましたでしょうでしょう…」

「2層に分かれた下がクリアーの色。これは 未だ

流れていない涙、浄化されていない感情があるかも

しれないね…」

「上の層はブルー、平和を象徴する色で、首や喉に

関係する色。平和を愛し、表面では平常を装っている

けど 本当は言いたいことが言えなくて辛かったこと

があったのでは…?」

私は頭をフル回転させ 辿ってみるものの、

確信する出来事が思い浮かばなかったのです。

次に出会ったフラワーエッセンスでは

アグリモニー、クラブアップル、ミムラス、

ホワイトチェストナット、セントーリー、

レスキューのエッセンス、

そして受講中に嗅ぐアロマでは、

ネロリ、イランイラン、サンダルウッド、ゼラニウム、

ラベンダーの香りが苦手でした

選んだボトルのエッセンスには、すべて

感情の不安定さ、ストレス、恐れ、心の抑圧を反映し

又、ホルモンバランスに関わる精油を選んだことも

すべて共通点があり、少しずつ思い出してきた過去の

出来事と一致するのです。

〇幼少の頃、大好きな祖父母の口ゲンカが絶えなかった

こと

〇もう記憶はないが、私を可愛がってくれた叔父が

19歳の時、バイク事故で亡くなってしまう

〇中学生の時、慢性甲状腺炎橋本病を発症。

冷え性はもちろん 授業中、意識が飛んでしまうほどの

痛みに、真っ青な顔をして保健室に行くこともあり

ました。

そして両親の不仲が原因で以来、父と6年間

会話をすることのない生活がはじまりました。

 

なんとか過去に起きた出来事を思い出すことは

できたものの とくに心の変化を感じることは

なかったです。

 

しばらくしてもう一度フラワーエッセンスの

カウンセリングを受ける機会があり、この時選んだ

エッセンスも心の不安定さを映し出す、

セントーリー、チェリープラム、クラブアップル、

レッドチェストナット、ウィロウでした。

 

ほどなくして就職し、様々な恩師と仲間に恵まれました。

再びカラーセラピーに出会い受講とともに就職する機会

を頂きました。

職場ではいつもきれいなボトルたちに癒されました。

空き時間には仲間とそれぞれボトルを選び、

今現在の心の状態と向き合っていいました。

しばらくして、以前選んでいたパステル系の色から

上下同色且つ原色を選び、とくに真っ赤な色、

レッドを選ぶようになりました

仲間からは「ようやく物事の見方と地に足が着いて

きたかもね!」と声をかけられるも、

自分のことをよくわかっていない私の頭は「?!」と

ハテナだらけでした。

 

月を跨ぎ、2本目のフラワーエッセンスを摂り終える

頃、心の変化が起きました。

それは、

感情が❝前に進みたい❞という思いとは裏腹に

あえて過去を思い出さないように 見ないで済むように

自分の成長を止めている感情があるかもしれない…と。

私は、心新たにするように❝しっかり見えない感情を

見つめてもっともっと向上していきたいっ!❞と

心から想いました。

 

その後、私の社会人としての在り方が徐々に

明るみになってきます…。

〇過去の悲しみが癒えず「誰も信じられない!」

とという思いを拭いきれず、自分と外の世界に

見えない壁を心につくりそこに閉じこもる

〇傷ついた心を守るため、さらに何かに傷つけられ

ないよう、完全防備の鎧を着る

〇本当は今にも溺れてしまいそうなほど苦しいのに、

人に頼ったり 助けを求めたり 甘え方を許せないし、

甘え方も知らない不器っちょな私。

〇❝こうあるべき❞派の融通が利かない お堅い

完ぺき主義 を無意識に貫いていました。

(下記に続く)

ある時 自宅にあった 自然療法の本が目にとまり

❝先生に会いたい❞とお料理教室に通うことになりました。

先生から飛んでくる言葉は❝食❞ではなく人生の話に

衝撃が走りました

「ねぇ、心臓は誰が動かすの?」

「心臓も肺も見えないいのち(日本で戦前お天道様と

呼んでいた)が動かす」

「神経は字のごとく、かみのみち。

そこが詰まっていたら根なし草でいくら願っても育たず

枯れてしまう」

そして

「まず 力も 汗も 知恵も 親切も 空気も 物も

お金も すべて出して学ぶと 空になって入ってくる!」

この言葉に、耳元で大きな鐘を鳴らされたのと同じ

くらい ハッとしました。

頭の理解ではなく お腹の底から なるほど!と納得。

 

私にとって❝吐き出す❞とは 

心の感情と想いを放す=話すこと

 

私は学生のころから 自分のことを語ったり、

思ったことをすんなり言葉にすることを 

あまり好む方ではなく、言葉にして話すことで

自分が 軽い人になるとさえ思っていました。

 

心のうちに秘めていたに等しい隠れていた感情を

オモテにすることは、私にとって他の人に 裸を

みられるくらい無防備で恥ずかしいこと

 

なので、どんな状況でも❝苦しい❞と手を挙げて

助けを求めないことも、

本心を隠して鎧を着ることも、

私にとって 洋服を着て街を歩くことと まったく

変わりないことと思っていました。

 

この想いが心に棲みついたことに気づき、いつしか

必要のない思い込みと認識することができました

 

そして さらに気づいたことは、

「心の奥底では、無意識の想いが何重にも絡まって、

本心がわからなくなっていること」

「過去に感じた 悲しみ 怒りの感情が確かにあって

本当は 幼少期に思いっきりワガママを言って

たくさん甘えたかった!」という心の叫びが混在して

いたということ

「これらの感情を抱え、認めることで、自分が

おとな気なく、満たされていない、か弱い自分を

認めてしまうことになるから ありのままを

受け入れることができずに 苦しさを抱えていた

こと」

 

フラワーエッセンスやアロマの香り、色、それぞれ

私の心をしずかにほどいてくれているのを 確かに

感じました

 

今まで抱えていた感情の存在を ありのまま認め

無意識に苦しみ抱えていた自分自身を 

慰め 許し 認める。

ありのままの自分を受け入れることで

両親、周りの人の どんな言葉も 想いも

ありのまま 受けとることができ、次第に

厚い壁も 着ていた鎧も、シャボン玉のように

まあるくなって消え 心が フワッと軽くなり

今まで抱えていた思い込みは すべて手放し

もう❝自分を閉ざして守る❞必要がなくなり

心を蓋っていた堅い岩は 音を立てて崩れていきました

 

また 教会とは真反対の 密教に触れる機会もあり

物事の考え方、とらえ方をもっと広い視野をもって

見るよう促されたように思えた

心が解放され 肩の力も抜け、今までの出来事

環境も、私自身もすべてを許せるようになり、

この時を境に 不思議と父との会話も増え、

両親の間にも 楽しく穏やかな会話も増えていきました

 ………………………………………………………………

ようやく心に穏やかさが戻ってきた頃、私に

「実の父」が存在していることを知り、、、、

 

一瞬、時が止まり しばらくその場を動けなかった。

 

再び私の中の時間が動き出し、一気にあふれ出した

想いは 悲しみでもなく、怒りでもなく、

今まで二十数年間、やさしい嘘をつきながらも

ここまで私を育て、あたたかく見守ってくれていた

両親、祖父母、すべての親戚に尽きることのない

心からの ❝ありがとう❞ の想いだけだった。

 

時が経ち、私は何かに吸い込まれるかのように

潜在意識アロマ®に出会い

はじめてアロマにふれたとき 生きる力にあふれた

大自然の惜しみなく、力強いエネルギーに

涙が出るくらい感動したことを思い出しました。

 

今では 苦手だったネロリ、イランイラン、ゼラニウム、

サンダルウッド、ラベンダー すべての香りに癒され

大好きな香りになりました。

 

そして 幼いころ、教会で感じた心がフワッと安らぐ

空間で、たくさんの いのちあふれる アロマや

フラワーエッセンスを通して 癒しを伝えていきたい

という想いは さらに膨らんでいきました

 

学性のころ、❝何のために存在しているのか?❞

 

その答えに出会えたことを確信しています。

 

又、潜在意識アロマ®のセッションを通して

いろんな経験や出会いによって、すべての出来事に

意味があり、環境や状況にとらわれることなく

常に 感謝の連続を生きているということ…

 

日々 たくさんの新しい気づき、新しい価値観を

価値観を たくさん与えられていること…

 

❝ありのままの自分を自由に表現していい❞と

おもう自分。

そして ❝自己受容❞ が一番の心の癒しということ

 

大切なことを もう一度呼び起こすことができました。

 

―花や植物の目に見えないエネルギーに触れ

アロマや心地よい香りで癒されたいー

 

ー自身の可能性に気づき 活かして 個性を

輝かせたいー

 

ー抱え込んでいる心を開放したいー

 

天然のアロマやフラワーエッセンスを用いて

本当の望みを知り、あなたらしく輝きませんか◇

 

心地よいやすらぎを感じながら

生まれ変わる あなたの背中をそっと押すお手伝い

をいたします^^

Contact

お問い合わせ